ダーツボードとは >>

ダーツを収納するためのダーツケース。 ダーツボードには、ハードボード、ソフトボード、電子ボードの3種類があります。ハードボードは、麻(ブリッスル)で作られており、丈夫で長持ち、音も静かです。ソフトボードは、プラスチックやペーパー、ウレタンなどで作られているものがあります。耐久性や静音性に劣りますが、安価なので気軽に購入できます。電子ボードは、得点計算を自動でできるものから、コンピューター対戦できるものまであります。

腰掛けタイプ
ハードダーツボード

ダーツボードには大きく分けて2種類あります。ハードボード(ブリッスルボード)とプラスチックボード。

ハードボード(ブリッスルボード)は麻(ブリッスル)でできたボード。天然麻を圧縮して作っており、先のとがっていないソフトダーツでも繊維にそって刺さり、抜くと自然に復元します。プラスチックボードと異なり、音がうるさくないので自宅での練習に適しており、最も人気のあるダーツボードです。 ハードボードに関してだけは、安物は避けた方が無難です。値段の違いが、麻の質と圧縮率だからです。麻の質はもちろん、圧縮率も高ければ高いほど、刺さった穴の復元率が高くなり、長く使えるようになります。特にBanditやBlade4などは、高品質高圧縮で、ワールドカップなどの公式大会にも使われており非常におすすめです。

プラスチックボードは、ソフトダーツ専用で、ハードボードほど長持ちしませんし、音もうるさいですが、安価で、ハードボードと異なり軽いため、手軽に設置できるというメリットがあります。手始めに購入する方や、短期間で買い替えする方にはおすすめです。
 
全15件 整列 : [価格] [製品名]
【WINMAU】ダーツボード Blade4
8,240 円(税込 8,899 円)
品切れ