• トップ
  • ダーツショップMAXIM(東京)
  • 【特集】お勧めダーツボード特集

お勧めダーツボード特集

ダーツショップマキシム両国店では様々な ダーツボードを取り扱っています。 主に自宅用ダーツボードとして発売されているものが多いのですが、中では公式大会に使用されるボードも取り扱っています。 そこで、店頭で取り扱っている各ダーツボードの特徴をまとめてみるので参考にしてみてください。

EMBLEM『JACK』

店頭で扱っているダーツボードの中では一番安価で買えるものになります。

こちらの商品は、店頭で扱っているダーツボードの中では一番安価で買えるものになります。 昨今、ダーツボードは防音加工されているものが多い中、こちらの商品はそういった加工はされておらず、その代わりにコストを下げることが出来た商品になりますね。

自宅ダーツってどういうものなんだろう、、、?とはじめての自宅用ダーツボードとしては十分かとは思います。 そのほか、プレゼントとしても喜ばれる商品かとは思います!!



Professional Board SATURN

高いコストパフォーマンスを誇ります

こちらの商品は上記に挙げました防音加工をしっかりと施し、自宅用ボードに良くみられた騒音に関しても改良されている商品になります。

コストとパフォーマンスの割合がすごく良く、自宅ボード、はじめましての方も、買い替えで悩んでいる方もすごくお勧めできる商品になっております。

取り付けに関しましても、専用のパーツが付属されており、着脱も楽に行えますよ!



ダーツライブ100S

ダーツライブと同じ音で、自宅でダーツを楽しむことが出来ます

自宅用ボードの決定版ですね。

防音加工はもちろんなのですが、自宅自体に防音設備が整っていて、音に関しては問題ないという環境でしたら、ダーツバーなどで投げているダーツライブと同じ音で、自宅でダーツを楽しむことが出来ます! 例えばブルに入ったあの音!トリプルに入ったあの音! 全てこの100Sが再現してくれます。

もちろんスペックは15.5インチと普段投げている台となんら変わりはありません。

100SのCMでは星野選手も大絶賛していましたね。 コストはもちろんそれなりに掛かってしまいますが、一度は手にしたい逸品ですね☆



ペーパーボード

読んで字の如く、紙で作られているボード

こちらの商品は読んで字の如く、紙で作られているボードになりますね。 大きさはどちらかと言うと、13.2インチのハードボード【以後ブリッスルボードとします。】の大きさのものが多いですね。

ブリッスルボードは本来は麻で出来ているものが多いのですが、素材を紙にすることによってコストを下げることが出来たのがこちらのボード達ですね。

あとはペーパーボードはボード自体にプリントをすることが可能になっているので、今時点、店頭においてあるものとして、 エヴァンゲリオンスパイダーマン等のプリントが施されているものもあります。

遊ぶだけではなく、インテリアとしても十分にいけちゃうのがこのペーパーボードですね!

ちなみに盤面が柔らかいので、遊ばれる際には別売りのコンバージョンポイントを使用されることをお勧めします。

バンディット

当店で扱っているボードの中では最高級ボードになります。

当店で扱っているボードの中では最高級ボードになります。

公式のハードの大会でも使用されるこのボードは、盤面が若干硬めに出来ているのが特徴で刺さった感じがなんともいえなく、気持ちよく刺さってくれます。

音に関する問題もバンディットは皆無でしょう。 隣の部屋にも聞こえないくらい盤面に刺さる音は静かですよ。

そしてナンバーを区切るワイヤーを中に埋め込むブレードタイプにすることによって、上記でも説明しているバウンスアウトを限りなくなくすことに成功しました。

ハードダーツデビューにもボードの買い替えにも、自信を持ってお勧めできる商品です!



関連特集

ダーツケースの選び方
ダーツケースのご紹介です。
スポーツサポーター特集
サポーターは効果あり?
バレルお手入れ特集
バレルのお手入れアイテムのご紹介です。
ダーツボードQ&A
ダーツボードに関するQ&Aです。
シャフトQ&A
長さ、材質で違いは?
お役立ちダーツグッズ特集
ツール、メンテ用品の紹介
個性派ダーツグッズ特集
ネタでもガチでも、個性はアイテム特集
バレルを買ったら次はこれ!
バレルの後はこのアイテムがおすすめ特集